毎日雑記3

30代の主婦むぎこが気になるアイテムやお得な情報をわかりやすくご紹介します!節約、格安SIM、ギフト、料理、グルメ、お出かけスポット、生活アイテムなど

コアサーバー移行作業でwordpressサイト非表示不具合の対処法!簡単5分でできる!

先日、こちらのブログでも使用しているコアサーバーの移行作業があり、wordpressのサイトが軒並み表示されなくなりました。

私と同じケースの方が多いかはわかりませんが、私が行った対処法・対応策をご紹介します。

スポンサーリンク

不具合が起きた環境もろもろ

私の使用サーバー移行完了したのが、10月30日。

そして、気づいたのが遅かったのですが、11月3日にサイト非表示を確認しました。

こういう場合は焦らず事象を確認し、原因を探ります。


スポンサーリンク

エラー内容

画面に表示されていたのは、HTTP500エラー

これは、サーバーは動いている状態(サーバーダウンではない)で、perl、php、CGIなどの不具合が原因のエラーとなります。

※そもそもサーバーがダウンすれば500エラーを返すことができないので、サーバー以外の原因を疑います。

サイト構築

WordPress

サーバー

コアサーバー(coreserver.jp)

 

今回のサーバー移行に伴う変更点は以下となります。

主な変更点

  従 来 リニューアル後
IPアドレス   変更なし
リージョン 1ヶ所 複数選択可(予定)
東日本(東京DC)
西日本(大阪DC)
CPU 最大8コア 最大28コア
メモリー 最大16GB 最大384GB
ストレージ SSD+HDD (RAID) ピュアSSD(RAID)
転送量 100GB/月(CORE-MINI)
250GB/月(CORE-A)
500GB/月(CORE-B)
1000GB/月(CORE-C)
無制限
PHP
(デフォルト)
5.3 + FastCGI
(5.4/5.5/5.6/7.0/7.1 
FastCGI選択可)
7.1 + FastCGI + OPcache + APCu
(5.3/5.4/5.5/5.6/7.0 
FastCGI選択可)
変更の可能性あり
Perl(デフォルト) 5.8系 5.16系
(5.8系も利用可)
Ruby
(デフォルト)
2.2系 2.3系
(1.8~2.4まで利用可)
MySQL
(デフォルト)
5.1 5.7
PostgreSQL
(デフォルト)
8.2 9.6
SSL/TLS用
メールサーバー名
サーバー名.value-domain.com
例:s1-coreserver-jp.value-domain.com
サーバー名
例:s1.coreserver.jp
Webサーバー Apache 2.2系 Apache 2.4系
HTTP/2 非対応 対応
無料SSL 非対応 対応
バックアップ - 東京DC・大阪DC間
バックアップ可
(オプション予定)

この中で、疑った箇所は以下2点。
今回はphpのバージョンを戻すだけでサイトを表示させることができました。

  • php:5.3 → 7.1
  • MySQL:5.1 → 5.7

では、簡単に5分以内で行えた対応方法をご紹介します。

対応方法

コアサーバー管理画面にアクセスする。(https://cp.coreserver.jp/site/

  1. 左メニュー「サイト設定」をクリック
  2. 「一括変更」をクリック
  3. phpのバージョンを「php53」に変更し、実行する

これだけで、私はサイトが表示されるようになりました。

wordpressを使用されている方で、これでうまくいかない方は、FAQページを参照いただくか、お遠い合わせされた方がいいかもしれないですね。

FAQページには、MySQL接続ポートの変更方法などの記載もありますので、参考になさってみてください。

↓ ↓ ↓

wordpressのphpファイルを触られる際は、必ずバックアップをとられることをオススメします!

⇒コアサーバーリニューアルにおけるサーバーシステムの増強と移行についての詳細はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事がみなさまのお役に立てると幸いです。

気に入った記事がございましたら、シェアしていただけると励みになります。

スポンサーリンク








   

 - サーバー